算数の「ミス」の原因と対策(中学受験)。

算数や数学の教え方

ここでは、現在どのようなミスが多いのか、原因は何なのか、その対策について書いています。

小1の娘のミスは「読み間違い」

小1の娘、「小問(3)は正解しているのに(1)は不正解」という不可解なミスをよくします。
「なぜこんなミスをするのだろう?」と疑問でしたが、わかりました。

問題文の読み違いが原因でした。

「まだ小1だから、そのうちしっかり読むようになるだろう」と思いたいのですが、読み違いが原因で、つぎのように勉強にならなくなることが多々あります。

・問題文を読み違える。割り切れない
・イライラしはじめる
・「いじける」「遊ぶ(落書きなど))」「ストライキがはじまる」などになる

一例をあげると、以下。
問題文の読み違いが原因でしっかり考えるのを放棄して、数字に装飾を施したり、鉛筆を寝かせて黒く塗りつぶしたりしていました(勉強のとき、わたしは仕事したり、食事を用意したりしているので、目を離すことが多いです)。

そこで、このミスを解消すべく、なぜこのようになるのかの原因を追求していましたが、99%、やる気だと判明しました。

打つ手なし 笑

ただ、希望もあります。
(このブログにアップするために)落書きの写真をとっていたら、娘が「何しているの?」と聞いてきました。
そこで、「鬼に落書きの写真を送っているんだ。勉強のときに落書きする悪い子は鬼に連れていかれるんだよ」と脅してやったら、ビビッていました 笑

効果があるかもしれません!

これから落書きやサボっている姿をパシャパシャ撮って「鬼に送るから!」と言ってやります。

小3の息子のミスも「読み違い」

小3の息子、問題の難易度があがると、つぎのようになることがあります。

・不正解
・解説なしで解きなおし
・正解

解説せずに正解するわけなので、ミスですよね。
なぜこのようになるのか。
「雑な性格」が原因だとわかりました。

・簡単な問題だと問題文をしっかりと読まなくても解ける
・難しい問題はしっかりと問題文を読まないといけない。それなのに、雑がゆえにしっかりと読まないので不正解
・「不正解→解説なしで解きなおし(ここで問題文をしっかりと読む)→正解」となっていた

この対策として、「しっかりと問題文を読もう」と言い続けています。
結果、少しはマシになりました。

あとは、健康上のことで勉強にならない日が多々あって、それでミスをすることもよくあります。
これがなければ、もっと高進度にできるのですけどね。
これは仕方がないです。

小さな子どもがゆえのミス。しかし――

2人とも、まだ小1と小3。
成長すれば自然にこの手のミスは減ると思いますが、中学受験ではつぎのような難易度が高い問題を小6で解けるようにしないといけません。

・難関中の算数 → 大学生でも解けないような問題
・難関中の国語 → 問題文や設問はセンター試験のレベル。ただ、記述なのでセンター試験よりも難易度が高い。

つまり、強引に成長をさせる必要があります。
それゆえ、今回のような「待っていればいいのに」というものも指導していかないといけないようです。

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。

株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました