小3、ついに「小6の偏差値60」を目指す段階へ!(算数)

算数の進度

小3の現時点での実力

小3の息子の2020年7月時点の実力です。

まずは、小5の算数です。

・浜学園の公開学力テスト(小5の6月実施) → 偏差値54
・サピックス オープンの過去問(小5の5月分) → 偏差値54

浜学園の公開学力テストは過去問の出来から鑑みて、偏差値54~60ほどだと思います。
サピックス オープンの過去問は1回分しかなく、息子にとっては「初」。「問題数が多くて焦った」と言っていたので、模試の形式に慣れればケアレスミスや雑なミスも減って偏差値は60付近になると思います。

つぎに、小6の算数です。

・四谷大塚の偏差値50の中学校の入試問題で合格点

まとめると、小3の息子の現時点の実力は以下だと思います。

・小5 → 浜学園とサピックスの偏差値で54~60
・小6 → 四谷大塚の偏差値で50
※一般的に「浜学園やサピックスの偏差値+10=四谷大塚の偏差値」といわれています。

小5は想定よりも勉強が進んでいますが、計画通りです。

<計画>
・小4~小6は偏差値50で通過 → 要は「偏差値50の小6」にする
・偏差値60超を目指す
・偏差値70超を目指す(ここは未定)

偏差値60~65を目指す!

夏休み以降に、つぎのステップである「偏差値60超」に移ろうと思っています。
具体的には、どうするのか?

現在の息子は「偏差値50の小6」のようなものなので、「要である小5の偏差値60」を目指します(偏差値は浜学園やサピックスのもの)。
そのために、息子が必要なことです。

1.雑なミスをなくす
2.小5の正答率が低い問題も解けるようにする

雑なミスへの対策

小3の息子は、一見、ケアレスミスですが、中学受験では放置すると危ないミスをひんぱんにします。
一例をあげると、以下。

わたし:「試験と思って、しっかりと解いて!」
息子:「わかった!!!」

しかし、不正解。
その後、解きなおしさせると――。

息子:「あ、80か! 8と思ってた!」

この手のミスは「問題文の読み間違い」「そもそも読んでいない」などなので、不正解でも解説なしでもう一度解かせると正解します。

さて、ふつうは「ケアレスミスだね。どんまい! つぎ、がんばろう!」になると思います。
が、「危ないな」と思うのは、つぎの2点です。

・正答率が高い問題を落とす
・高学年でもこの手のミスをする子どもがいるらしい(ほかのブログで見かけます)

つまり、「高学年までに何とかしないと、不合格になりかねない! 高校受験までには自然になおると思うけど、息子の場合は中学受験までには間に合わないのではないか…」と危惧しています。

雑なミスには、見直しや検算は意味をなさないかもしれない

中学受験でも見直しや検算の重要性も説かれているようです。
見直しや検算は大切だとは思いますが、小学生には見直しや検算は効果があまりないのでは、と思っています。
なぜでしょうしょうか。

本を書いていると誤字脱字で叩かれることがありますが、書き手は「思い込み」「無意識で読み飛ばす」などで、なかなか間違いを見つけられません。 だから、編集者がいて、校正もいます。
つまり、プロでさえ、3重のチェック体制です。
それだけ、間違いを見つけるのは難しい!(特に自分の間違いは!)

ましてや、小学生。
小学生相手だと、見直しや検算は根本的な解決につながらない…というよりも、その前にすべきことがあるのでは、と思っています。
※念のために、見直しや検算をを軽視しているわけではありませんので、あしからず。

何をすべきなのか?
今まさしく手探りで試行錯誤しているところです。
で、このミスは、以下の3つ…特に1つ目が重要ではないか、と考えています。

・正解に対する執着のなさ(なぜ勉強しているのか、誰のために勉強しているのか、などの欠如)
・(小学生の場合は)経験不足
・レベルが足りない

というわけで、今は以下をしています。

・演習前は、「問題文をしっかりと読んで!」「絶対に正解させて!」などと言う
・演習後に、この手のミスがあれば「1問の不正解で、人生が変わることもある」などと言う
・見直しや検算ではなく、「一発で正解させる」ほうに時間を割いている

これで、簡単な問題のミスは、かなりなくなりました。

ちなみに、高学歴らしきひとのブログに「満点を取るために、15分くらいで全問解いて、残りの時間は見直し」みたいにありました。
トップ層はそういう世界なのだろうと思いつつ、やはり見直しは難しいものなんだな、と思いました。
トップレベルのかたが、時間の大半を見直しに割り振っているわけですので(そこまでしないとミスはなくせない)。

小5の正答率が低い問題も解けるようにする

息子は「場合の数、確率」「論理」が弱く、ここで点を落としているので、夏休み以降に強化しようと思っています。
以下ですかね。

・高校数学のIA
・公務員試験
・(ジュニア)算数オリンピック

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。
株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました