確率は基本のみ。中3の範囲に入る!(小1と小3に中学数学を短期間で習得させる!22日目)

時短!中学数学

弱点の計算問題を解かせる(15分)

まずは、小1の娘、小3の息子、それぞれが弱い計算問題をすこしだけ解かせました。
※馬淵教室のシステムワークを利用。

一次関数のグラフと図形の基本問題を解かせる(15分)

その後、馬淵教室のシステムワークの「134(中2)」を解かせました。
一次関数のグラフと図形の基本問題です。

・小3の息子 → 問題ありませんでした。
・小1の娘 → 「まだあやふやなのかなー」と思うこともありましたが、娘の性格的な問題なので大丈夫かな、と思っています(受験算数を教えているとき、「やっぱり無理だったのかな → 大丈夫だった」を繰り返していました)。

図形は飛ばす!

図形は以下のようにしました。

・小1の娘 → 図形が苦手なので飛ばしました。一通り中学数学が終わってから、じっくりと取り組みます(小3の息子に進度をあわせるため)
・小3の息子 → 角度を計算する問題のみ解かせました。証明はあとまわしにしました。

で、小3の息子は、先に受験算数の図形を鍛えるかもしれません。

確率をザッと教える(20分)

確率のかんたんな問題を数問教えました。
受験算数で順列も組み合わせも学習済みなので、すんなりできるようになりました。

・小1の娘 → 受験算数の順列と組合せは、基本問題を解かせただけでまだ鍛えていないので、今後、受験算数で鍛えてから、ふたたび中学数学の確率を教えようと思っています。
・小3の息子 → 受験算数の順列と組合せは、ある程度、解かせましたが、まだ演習不足です。今後、受験算数で鍛えようと思っています。その後、いきなり中学数学の入試問題を解かせていこうと思っています。

ちなみに、なぜ受験算数なのかというと、ここに関しては受験算数の問題のほうが良問が多いためです。

中3の計算問題は自力で解けるように!(20分)

中3範囲の計算問題を解かせました。
※いずれも馬淵教室のシステムワーク

・1(中3)、2(中3)、3(中3)

2人とも自力で解いてほぼ満点でした。

所感

今日は以下のような計算問題を解かせました。

-2ab(3ab^2 ー a)・・・(A)

集団授業では1つの単元を完全にしてから先に進まざるを得ません。今回の計算問題だと、たとえば中1の範囲である以下を完全にしてから取り組みます。

・正負の数、累乗の計算、式の展開・・・(B)

が、以下のように考えられます。

・結局は(A)を解ければいい
・(B)は(A)などを解くための前段階にすぎない
・(B)の段階では(A)を解くための最低限の力を身につけさせるだけにして、本番である(A)の時点で鍛えればいい

こういうことは集団授業ではできません。
マンツーマンだからこそできる芸当です。
というわけで、マンツーマンだからこそ、サクサクと進めるわけですね。

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。
株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました