文字と式(小1と小3に中学数学を短期間で習得させる!2日目)

時短!中学数学

今日は「文字と式」の一部を教えました。

演習の時間は「正負の数」のやや難しい問題(30分)

「正負の数」の演習をしました。
中3のまとめの問題集(難易度は低い)を利用したこともあって、正答率は半分ほどでした。
で、小3の息子のほうは、先日の「加法と減法、乗法とごちゃ混ぜ」が顕著でした。
(例)(ー3)+(-2)を「5」にする(乗法とごちゃ混ぜ)

講義は「文字と式」の一部(30分)

文字で表すのは、中学受験の算数でもしているので瞬殺(※)。
※受験算数では、〇や△を使います。

小1の娘は、まだこれに慣れておらず演習をこなす必要はあるでしょうが、写真にある問題をほぼ自力で解いていたので問題ないでしょうね。

で、「1や×は省く」「アルファベット順にする」などのルールはザッと教えるにとどめました。常に見ているので、その都度教えていこうと思っています。

その後は、式の展開。受験算数でも軽く式の展開をしますが、たとえば「-0.1(10x-20)」のような式の展開で時間がかかりました。その要因は以下です。

・正負の数の演習不足
・(演習をしていないので)文字式に慣れていない

たぶん、まだ解けないですね。
本来は演習をするべきですが、演習をせずに同類項の計算をすこしだけ教えました。受験算数でもやっているので楽勝と思いきや、「係数がマイナス」でひっかかっていました。

ちなみに、式の展開があやふやなのに、なぜ演習せずに同類項に進めたのかというと、同類項のところでまとめて演習するためです。詳しくは後述していますが、これで時短をしています(受験算数ではこのようにして時短できました)。

「正負の数」「文字と式(一部)」の課題と対策

<課題>
・文字式に慣れていない(特に小1の娘)
・正負の数の演習不足が足をひっぱっている(足をひっぱっているというより、数字から文字になったので、できなくて当たり前)

<対策>
・明日に、今日演習で使ったのと、まったく同じ正負の数の問題を再度チャレンジ
・同類項の計算でしっかりと演習

所感

概念はわかっても、いろいろと混同してしまうものです。
そこで、ふつうは、つぎのようにすると思います。

・慣れないうちは「毎回、数直線を書く」のようにさせる
・演習問題を解かせる

が、短期間で中学数学を身につけさせようと思っているので、演習などは必要最小限にしています。

ちなみに、市販の問題集は正直かなり使いにくいので、オークションサイトで塾の教材を買ってみました。使いやすいものがあれば、このブログで紹介していこうと思っています!

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。
株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました