解ける問題を落とす問題(算数と数学)。

算数や数学の教え方

解ける問題を落とす問題(算数と数学)

小2の息子の算数。
小4の公開テストは平均68点でした(一年分)。
で、小5に入りましたが、途中経過です。

小5の2月 68点
小5の3月 60点
小5の5月 64点

息子にとっては「小5の終わりまでの全範囲の実力テスト」みたいなものですが、浜学園といえども公開テストの難易度は高くありません(※)。
※小5の後半からは、一気に難化するそうです。

あまり良くないですねー
まあ、そういうのをなくそうとして、公開テストをまとめて解かせているわけですが。

で、内容を見ると「これ、解けるじゃん」という問題まで落としています。
「ケアレスミスではないミス」ですね

この問題、塾講師をしていたときにもありました。

解ける問題を落とす問題への対策!

解ける問題を落とす問題。
これは難しい英単語を覚えても、口から出てこないのと同じだと考えています。
インプットした内容は頭のどこかにあるのでしょうが、それが出て来なくて不正解になるのではないか、と思っています。

その対策は、ひたすらアウトプット!

ほかにも、数学ができる高校生が小学生の計算を滅多に間違えないのと同じで、「ランク」をあげることで解決できるのではないか、とも考えています。

要は、算数の思考力をあげるわけですね!

こういうこともあって、浜学園の公開学力テストを解かせています。息子にとっては範囲なしなのでアウトプットにいいですし、大問3以降が初見の問題でそれを解かせていると算数の思考力アップしそうですし(ただ、解説するために、いちいち解かないといけないのが、心底しんどい…)。

まあ、当たり前といえば、当たり前の話なのですが。

あとは、低年齢特有の問題もあります。
ムラと体調ですね。特に息子は体調に左右されます。
ここは仕方がないと思っています。

問題を解消するには時間はかかる

この問題を解消するには、時間がかかると思っています。じっくり取り組みたいですねー

というわけで、年長の娘に浜学園の公開学力テスト(小4)を解かせるのは、はやすぎます。まだインプットの時期ですから。が、娘がやりたいと言っているので、試しに解かせています。意味はないと思いますが、特段することがないですし(今の算数の思考力では、速さと比は乗り越えられないと思うので、先に進められないと思っています)。

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。
株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました