複合機やプリンターのランニングコストを検討する。

勉強のサポート

モノクロレーザープリンター(複合機)のランニングコスト

勉強を本格化するにあたって、複合機でモノクロレーザープリンターの「ブラザー レーザープリンター 複合機 A4モノクロ DCP-L2550DW」を購入しました。
以下なので、買って良かったな、と思っています。

・コンビニにいちいちコピーしに行くのが面倒
→ 複合機だと家でコピーできる!

・コピーは安いところで、1枚5円。ふつうは1枚10円
→ モノクロレーザープリンター(複合機)だと1枚5~6円程度(※)

※下記1+2。ランニングコストだけではなく、イニシャルコスト(本体の価格)も含む。
1.9,000枚あたりのランニングコスト
・純正のトナーカートリッジ:9,000円×3=27,000円
・純正のドラム:7,000円
・用紙:5,400円
2.年間6,000枚で3年間利用したとして、本体は1枚あたり1円

で、テキスト類の電子化を進めています。だいぶPDFにして、印刷していますが――。

PDFを印刷しているときに、気がついてしまいました。
複合機の純正のトナーカートリッジなどを購入するよりも、ランニングコストが安い単機能のインクジェットプリンターを買ったほうが安く済むのではないか、と。単機能のインクジェットプリンターにはコピー機能がないので、つぎのように使い分ければいいのではないか、と。

・電子化したものを印刷するときは、単機能のインクジェットプリンター
・コピーしたい場合は複合機

ランニングコスト削減の3つの方法

複合機の互換トナーカートリッジを利用すれば、手っ取り早く印刷コストの削減ができます。
しかし、つぎのリスクがあります。

・印刷がうまくいかないことがある。そうなれば互換トナーカートリッジを買いなおすことになる(印刷コスト増)
・どの互換トナーカートリッジだと問題が起こりやすいのかの情報がない(互換トナーカートリッジはいろいろなところが販売していて数も多い!)
・互換トナーカートリッジなどを使って故障した場合、メーカー保証の対象外になることもある。その場合はコスト増になる
・互換トナーカートリッジなどを使って故障した場合、修理や処分するが、複合機は巨大なので持ち運びがかなり大変

気になるのは、複合機は持ち運びがかなり大変なところ。複合機に関しては、純正が良いと思っています。
というわけで、印刷コストを削減する方法として、以下の2つの手があるかな、と思っています。

1.単機能のモノクロ インクジェットプリンターを購入して、複合機と併用する
2.安価な単機能のインクジェットプリンターを買って互換インクを利用する。それと複合機と併用する

単機能のモノクロ インクジェットならば、コスト削減!

検索してみたところ、2020年時点では以下のプリンターがありました。

モノクロ インクジェット エコタンク搭載 PX-S160T1

この機種だと、以下のコストになります。

・11,000枚まで:(本体価格18,000円ほど)÷(11,000枚)=1.6円/枚。用紙代を考慮して、2.2円/枚
・11,000枚以降:0.9円/枚(用紙代を考慮済み)

年間6,000枚印刷すると、2年間で以下になります。

・複合機+純正のトナーカートリッジなど : 45,000円ほど
・前述の機種を導入 : 18,000円ほど(最初の2年)
→27,000円のコストカット!

単機能のモノクロインクジェットを利用したあとに、メルカリなどで売り飛ばせば、もうすこしコストカットできると思います。

安価な単機能のインクジェットプリンターを買って、互換インクを利用する

複合機に比べて、単機能のプリンターは小さくて処分しやすいので、安価な単機能のインクジェットプリンターを買って互換インクを使って、コストダウンをはかる方法も考えられます。
この場合は検討していませんが、先ほどと同じくらいのコストカットになるのではないでしょうか。

妻の指摘

妻の指摘。

・物が増える
・大してコストカットできていない
・物欲じゃないの?

物欲をコストカットで正当化している――見抜かれたかな、と思いました 笑

というわけで、受験の参考書や問題集などを電子化してコピーはほとんどしないのであれば、複合機ではなく、単機能のモノクロインクジェットや、インクジェットプリンターと互換インクの組み合わせにすると、コストがかなり削減できるのではないか、と思いました。

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。
株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました