国語の入試問題の攻略をはじめる!(中学受験)

国語の教え方

国語の入試問題の攻略をはじめた理由

問題を解けば、「なんで、こんなかんたんな問題で?」となるのが国語。
実際に子どもに解かせてみないと、つまづくポイントがまるでわかりません。

(国語に関しては)その程度の指導力なので塾の教材に頼りたいところですが、意図がよくわからない設問ばかりなのですよね。もっとも、サピックスの『国語の要』はちがいましたけどね(※)。
※チラッと見たときは「何がちがうんだろ?」でしたが、実際に子どもに解かせてみて、「なるほどな」と思いました。

で、何かよい教材や勉強法がないかな、と、国語がスゴイお子さんがいるブログを読むですが、そういうところって、たいてい鬼のように国語教育しているようです。

そんな時間、我が家にはない!
その時間を遊びにまわしたいんだ!

というわけで、仕方なく入試問題の分析をはじめました。
国語の学習時間を効率よくして、遊びの時間を捻出するために。

偏差値50と偏差値56の入試問題の間には「壁」があるのか?

現在の子どもたちのレベルです(小2と小4)。

・偏差値48の学校の入試問題 → 制限時間なしにすると合格点に達することもある

制限時間の問題はありますが、「偏差値50の学校の入試問題はクリアーした」とすれば、つぎの段階は偏差値55の学校の入試問題です。

で、算数の場合は、偏差値50と偏差値56の中学校の入試問題の間には「壁」があります(いろいろな中学校があるので、必ずしもそうだとは言えないのですが。ちなみに、算数は何をどう鍛えればその壁を乗り越えられるのか把握しました)。

国語はどうなんだろう?
算数とはちがって国語力がつけばたいていの問題が解けるようになるんじゃないのか、つまり、壁はないのではないか?

そう思ったので、先日、試しにつぎのことをしてみました。

・偏差値56の入試問題にチャレンジ!

結果は、「漢字が読めなかった」。
「小6並みに語彙力があれば解けるのだろうか?」ということで、言葉の意味を教えてから、もう一度解かせてみました。

結果は1割。

これでつぎのことがあるかもしれないと思うようになりました。

・国語も偏差値50と偏差値55の入試問題の間には「壁」があるようだ(※)
・語彙力の以外にも壁があるかもしれない
※偏差値50、偏差値55とそれぞれ1校ずつなので、まだわかりませんが…。

というわけで、偏差値50と偏差値55の何がちがうのか精査しました。

偏差値50と偏差値56の入試問題を精査した結果

子どもたちに解かせた入試問題は、大問1が物語文、大問2が論説文でした。

大問1は難易度が高めでしたが、大問2は問題文がわかりにくいものの設問は平易でした。合格点が67点ほどなので、大問2で50点近く、大問1で半分をとるような感じなのでしょう。

さて、子どもたちですが、大問1の物語文で時間を費やしてしまい、大問2の問題文がわかりにくかったことから難しいと思いこんでしまったようです。つまり、問題の構成から解けなかっただけで、ほかの入試問題だと「手も足も出なかった」みたいな状況にはならない可能性があります。ただ、どう転んでも偏差値50の学校の入試問題ほどは解けなかったと思いますし、解説をしながら、「やはり偏差値50の学校の入試問題よりも難しいと感じている」とわかりました。

模試での偏差値6のちがいは、小問2~3個正解したか不正解だったかの差です。つまり、偏差値50でも偏差値56になることもあれば、その逆もあります。

が、今回、入試問題は偏差値6のちがいは模試ほど小さな差ではないのではないか、と思いました(今のところ)。今後も、偏差値55あたりの中学校の入試問題を解かせて、この辺を調べたいと思っています。

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 ・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。
株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

タイトルとURLをコピーしました