2点を通る直線(小1と小3に中学数学を短期間で習得させる!17日目)

時短!中学数学

今日は、あまり先に進めませんでした。

やり残しの演習!(20分)

方程式と連立方程式のやり残しの問題を解かせました。
まだ完全ではありませんし、複雑な問題は解けないですが、だいぶ、できるようになっています。

2点を通る直線(50分)

いきなり以下の自作の問題から解かせました。
今のレベルだと鬼問題 笑

(問)y=-2x+4とx軸、y軸に囲まれた部分の面積は?

不正解だったので解説して、もう1問、自作の問題を解かせたら正解しました。
で、以下を教えました。

・通る点、通らない点

当たり前の話ですが、案外、わかっていないものです。
しっかりと教えました。
そして、2点を通る直線の式の出し方を教えました。
方法は以下。

・変化の割合を出す
・y=3x+bみたいにして、あとはxとyを代入してbを出す

明日以降に、以下を教えようと思っています。

※(a,b)を通る場合
y-b=変化の割合×(x-a)

偏差値60以上のクラスでの教えかたです。
小1と小3相手に鬼ですが 笑、高校数学を視野に入れているので習得させようと思っています!
その後は、馬淵教室のシステムワークの107を解かせました。
ここで「増加量」と「座標」を勘違いしていたので、もう一度、しっかり変化の割合について算数から話しました。

所感

「北辰のテストで偏差値60ちょっとをとるレベル」を想定していたら、以下で教えると思います。

・y=ax+bに2点の座標を代入して連立方程式

深い理解はできませんが、すぐに習得させることができますし、正答率もあがります。集団授業の場合だと、「この教えかただと、すぐに習得する → その分、演習ができる」「しかも、個々の正答率もあがって、クラスの平均点も上がる」というメリットもあります。
が、集団授業ではありませんし、以下なので、時間をかけて、ねちねちと説明している次第です。

・高校数学を視野にいれる(しかも、到達点は高め)
・偏差値60以上をとれるようにする

ちなみに、「y-b=変化の割合×(x-a)」の場合も、公式として覚えさせると深い理解はできませんので、あしからず。

株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました