中学受験の一行問題が有効なケース(算数)。

算数や数学の教え方

一行問題とは?

一行問題とは、その名の通り、1~2行程度の問題のことです。

(1)500円の6%。
(2)6aは何ha?
(3)太郎くんクラスは40%が女子で、16人いる。太郎くんのクラスは何人ですか。
(4)1日目に全体の1/3、2日目に残りの3/5、3日目に80ページを読んだら、本を読み終わりました。本は何ページある?
(5)2時間36分は何時間?
(6)仕入れ値の4割増しの定価をつけ、定価の2割5分引きで売ったら、利益は200円だった。仕入れ値はいくら?
(7)ノート3冊と鉛筆12本を買うと1320円、ノート4冊と鉛筆6本を買うと1260円だった。ノート1冊の値段は?

基本をおさえていれば解けるような問題です。
試験では一瞬で解けて、かつ、正解しないといけない問題でもあります。

なぜ、一行問題を解かないといけないのでしょうか。有効なケースを紹介します。

年長の娘は解法を丸暗記するので、一行問題が有効!

年長の娘は、理解せずに解法を覚えようとします。
式を丸暗記していることもあります。
「なぜそういう式になるのか、などを考えることが大切」と言っているにも関わらず…。

よって、娘の場合は、同じテーマの基本問題を解かせるのは非効率です。

・10問の問題!
・「つるかめ算」とわかる
・丸暗記した解法パターンを思い出して、1問解く
・あとは、ひたすらパターンで解いていく(頭を使わない作業と化す。本人に覚える気はないのに、漢字を書き取りさせるようなもの)

そこで、総合問題としての一行問題!
娘のような子どもの場合は有効だと思います。

・さまざまな問題がランダムに出題されるので、「ひたすらパターンで解く」は通用しない
・基本問題が中心の一行問題にすると、算数の思考力があまりない娘でも解ける

ただ、これでも解法パターンの丸暗記に陥ることもあるので、あわせて「しっかり考えよう」の指導も必要だと思います。

↓さまざまな受験のブログを読めます。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
・中学受験に関する情報は、中学受験から攻略にもまとめています。
・算数や数学の先取り学習については、 小学生からはじめる算数と数学の先取り学習!にもまとめています。
株式会社Z会

Z会の通信講座は定評があります。学年別の「おためし教材」を貰えるようです。今、Z会小学生向けコースの資料を請求すると、実際と同じ教材を体験できます!

株式会社レアジョブ

毎日できるマンツーマン英会話が、25分129円より(2019年時点)。毎日25分で1ヶ月5,800円(税抜)より。忙しくても大丈夫 週末も平日もレッスンは早朝6時~深夜1時まで。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

元SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。ご相談後、お子様に合ったオーダーメイドカリキュラムで個別指導。

有限会社グローバル・コミュニケーションズ

レッスンの予約から受講までの全てをWEB上でできます。英語のライブレッスンをネイティブ講師の画像を見ながら受講することができます。オンライン受講としての教育訓練給付金講座もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました